Amazonマーケットプレイスに画像付きで出品!今なら差別化できるぞ

Amazon(アマゾン)

いらなくなった本をネットで処分するにはどのような方法があるのでしょうか。

ひとつは、「メディア買取ネット」や「もったいない本舗」、「ネットオフ」のような古本買取り業者に査定して買い取ってもらう方法があります。一冊ずつ売らなくてよいので手間がかからないのが最大のメリットですが、どうしても1冊の値段が安くなりがちです。

そこで、TONELIKOの場合、Amazonで中古品の値段を調べて、最安値でも500円以上の値がついているようなら、Amazonマーケットプレイスで販売することにしています。

で、久々に古本のマケプレ出品作業をおこなったのですが、以前は見られなかった機能が付いていました。

 

スポンサーリンク

中古品とコレクター商品は画像を付けられる

出品者SKUの商品画像

マケプレの出品の際に、「商品のコンディション」で「新品」以外を選択すると、「出品者SKU画像」をアップロードできるようになっていました。小口出品者向けに商品画像を掲載できる機能は、以前から一部カテゴリーで提供されていましたが、「本」カテゴリーでは最近のことではないでしょうか。

追加できる画像は6枚まで。10 MB 以下で 128 から 4,096 ピクセル以内の jpg、gif、png形式の 画像が使用できます。

 

利用者は少ないので今なら差別化できる

Amazonマーケットプレイス出品一覧

この「出品者SKU画像」を利用することで、本に破れや汚れがあったり付録が欠けている場合などは、コンディション説明だけでなく実際の画像を掲載できるようになります。

言葉では説明し切れない商品のコンディションを画像で確認できる安心感から、購買される可能性がより高くなることが期待できます。実際、TONELIKOが画像付きでマケプレに出品した商品のうち、何点かは当日中に売れてしまったものもあります。

ためしに「本」カテゴリー内の商品で中古品やコレクター商品のリストを確認すれば分かりますが、今のところ、実際の画像を掲載している出品者はほとんどいません。つまり、今なら他の出品者との差別化をはかれるチャンスと言えます。

もちろん、購入の決め手になるのは、一に商品価格であり、コンディションや出品者評価が大きな比重を占めていることに変わりはありませんが、価格やコンディションがほとんど同等の場合、画像の有無が決め手になるケースも十分に考えられます。

また、実際の商品画像を掲載することにより、文章による説明だけよりも、より納得して購入してもらえるので、販売後のクレームを予防する効果も期待できます。

 

iPhoneから簡単アップロードできると嬉しい

Safari Amazon PCサイト

どうせならiPhoneで撮った写真を、そのままiPhoneからマケプレにアップできれば簡単ですよね。確認してみたところ、SafariでAmazonにアクセスして、「Amazon PCサイト」を表示することでできそうです。

なお、商品画像はマケプレ出品後に追加することも可能です。一度パソコンで出品作業をおこなってから、iPhoneで商品を撮影し、Safariで「Amazon PCサイト」を表示して画像をアップしてもよいでしょう。

ただ、TONELIKOの場合は、iPhoneの小さな画面で出品作業を行なうのはさすがに億劫だったので、撮影した画像をDropBoxに入れてパソコンからアップしました。

できれば、画像掲載も含めてAmazonマーケットプレイスへの出品作業を簡単にできる専用アプリがあると嬉しいのですが。誰か作ってくれないかな~。

 

あとがき

画像をアップするのは一手間かかりますが、今なら他の出品者との大きな差別化になりますのでおすすめですよ。なお、「文字、グラフィック、イラスト、挿入画像は使用不可」など、いくつか要件がありますので、念のため公式サイトの「出品者SKUの商品画像」を確認しておきましょう。

ちなみに、古本はヤフオク!で販売するという方法もあります。マケプレよりも高く売れるケースもあるようですが、オークションの出品作業が面倒なので私はほとんどやりません。

 
以上TONELIKOでした。

 

Amazonマーケットプレイス用スタンプスーパーパインスタンパー印面サイズ13×39mm
B0072ABMIA



コメント