Google Chromeの便利な固定タブ!よく使うページは右クリック一発で

Google Chrome(グーグル クローム)

私はWebページを見る際に、主にGoogle Chromeを利用していますが、毎回起動するたびに必ず開くページが5つ程あります。ブックマークからいちいち開く方法もありますが、ちょっと面倒ですよね。

そんな時に便利なのが「タブを固定」の機能です。

知っている方も多いかもしれませんが、私はGoogle Chromeを使い始めてからしばらくの間、気がつきませんでした。

この「タブを固定」機能を使えば、常時同じタブを左側にコンパクトに表示しておくことができます。

 

スポンサーリンク

使い方は簡単

使い方はいたって簡単です。固定したいタブの上で右クリックして、「タブを固定」を選択すれば、そのタブは左側に移動しコンパクトになります。

固定されたタブ

なお、タブを右側に移動しようとしても左側に戻ってしまいますが、固定タブが複数ある場合、ドラッグ&ドロップでその中での移動(位置の入れ替え)は可能です。

「タブを閉じる」意味の☓マークが消えるので、誤ってクリックしてタブを閉じてしまう心配もありません。

固定されたタブを右クリックするとタブ削除や固定タブ解除のメニューが表示される

なお、固定タブを閉じたい場合は、そのタブの上で右クリックして「タブを閉じる」メニューを選択するだけです。

固定を解除したい場合も同様に右クリックから「タブの固定を解除」メニューを出すことができます。

なんてことない機能ですが、知っておくと便利ですね。

 

ご利用はほどほどに

この通り、使い方も簡単で便利な機能ですが、あまり固定タブを多く使い過ぎると、起動に時間がかかりGoogle Chromeの動きがモッサリとした印象になりますので、ほどほどにしておいた方がいいでしょう。

私の場合は、Google Readerやブログの管理画面など、多くても5つ程度に留めています。

知っておくと便利な機能ですので、今まで知らなかった方には是非ご利用をおすすめします。

 
以上TONELIKOでした。
 

コメント