Chromeが重い時は拡張機能「OneTab」でタブを1つにまとめよう!

Google Chrome機能拡張「OneTab」 Google Chrome(グーグル クローム)

前回の「Google Chromeでよく使うページは「固定タブ」にすると便利」に引き続き、Chromeタブの便利な小技についてです。

Google Chromeを使っていると、あれもこれもとたくさんのタブを開きっぱなしにして収集がつかなくなってしまうことってありませんか?

私は、あまりにも多くのタブを開いているとGoogle Chromeの動きが重くなり、ついにはパソコンまで熱くなってきてしまいます。

うぃ~ん・・・とか、いかにもオーバーヒート気味な音も出してますし。どう考えても、メモリーの食い過ぎですね。

そんな時にスッキリと解決してくれる拡張機能が、今回ご紹介する「OneTab」です。

これ、私のようなタブ魔の方には必須のプラグインですよ。

 

スポンサーリンク

ポチッとクリックするだけで、あらスッキリ!

Google Chromeで大量のタブを開く

Google Chromeで調べ物などをしていると、アレヨアレヨとタブが増えてタブアイコンすら表示されなくなってしまいました。

こんな時こそGoogle Chrome拡張機能「OneTab」の出番です。

Google Chromeメニューバー上のOne Tabのアイコン

Google Chromeの「設定 > 拡張機能」から、「OneTab」をインストールすると、Google Chromeのメニュバーにアイコンが表示されますのでクリックします。

One Tabにすべてのタブがまとまる

すると、あら不思議。

開いていたタブがリンク付きのリスト一覧になって、一つのタブにまとまりました。

ゴチャゴチャしていたタブがまとまってスッキリしましたね。

これでメモリ使用量が大幅に削減され、Google Chromeが軽くなり、サクサク動くようになりました。なお、固定タブの場合は「One Tab」のリスト一覧には入りません。そのまま固定タブとして残ります。

 

タブに戻すのも簡単♪

One Tabのリストからタブに戻したいページをクリックする

「One Tab」のリストからタブに戻すのも簡単!目当てのリストをクリックするだけです。ここでは「Google Chromeでよく使うページは「固定タブ」にすると便利 | トネリコBLOG 」をクリックします。すると・・・

One Tabのリストから消え、タブに戻る

「One Tab」のリストから消えて、タブとして復元されました。

 

削除したり、すべてタブに戻すのも簡単!

「One Tab」の操作方法

タブは「One Tab」するタイミングごとに、ひとまとまりのリストとして表示されます。

上記画像では「Total 39 tabs」と表記されている通り、「One Tab」にまとめられているのは全部で39タブですが、2013/6/12 10:57:27時点で「One Tab」されたのは29タブということです。

また、マウスを該当リストに合わせると、左端に☓マークが表示されますのでクリックすると、削除できます。

さらに、「Restore all」ですべてのタブを復元させ、「Delete all」ですべてのタブを削除します。

 
とても便利なプラグインですね。
ついついタブをたくさん開きがちな方には超オススメですよ♪

 
◆参考サイト
ネタフル

 
以上TONELIKOでした。
 

コメント