Webブラウザの中でGoogle Chromeをおすすめする5つの理由

Google Chrome Google Chrome(グーグル クローム)

つい先日、IE(インターネットエクスプローラー)の深刻な脆弱性が見つかり、ハッキングを受ける可能性が指摘されました。

既にマイクロソフトでは修正パッチの緊急配布を開始しているとのことですが、この機会に他のWebブラウザ(ウェブサイトを見るためのソフト)の利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

Webブラウザの代表的なものは、おそらくWindowsに標準インストールされている IE や、iPhoneの標準ブラウザ Safari でしょうが、他にも FirefoxGoogle Chrome といったブラウザもあります。

TONELIKOは、上記4つのブラウザのいずれも利用したことがありますが、現在、標準ブラウザとして利用していて、他の方にもおすすめできるWebブラウザは Google Chrome です。私がおすすめする理由は5つあります。

 

スポンサーリンク

1.シンプルで使いやすい

余計な機能が一切なく、開いているページのタブがブラウザ上部に表示されているだけのシンプルで分かりやすいブラウザです。

かといって、できることが限られているわけではなく、右上の設定ボタン(三マーク)から様々な機能を呼び出すことができますし、画面上で右クリックすれば、そこでできるメニューが一通り表示されます。

また、メニュー表示がない分、ウェブページの表示面積が大きく視認性に優れています。

 

2.起動が速く、動作が軽い

動作の速さは、ブラウザ選択の際に考慮すべき重要ポイントです。とりわけインターネットの利用を前提とした仕事では、Webブラウザの動作速度はその生産性を大きく左右します。

その点、この Google Chrome は起動が速いだけでなく、ウェブページの表示やユーザーの操作に対する反応も迅速で、サクサクと軽快に動きます。

 

3.デバイス間の同期が容易

Google Chrome は、その名の通り、GoogleのWebブラウザなので、Googleとの親和性が高く、Googleアカウントにログインすることで、その真価を発揮します。

Google Chrome には、Windows版以外にもMac版やAndroidアプリ、iPhoneアプリなどもあり、様々なデバイスで利用することができますが、Googleアカウントでログインした状態で利用すると、デバイス間で設定やタブ、ブックマーク、履歴などを同期・共有することができます

また、同期作業は、すべて Google Chrome によって自動的におこなわれるので、一切手間がかかりません。

 

4.拡張機能が充実している

Google Chrome は非常にカスタマイズ性の高いWebブラウザです。インストール直後のデフォルト状態では最低限の機能のみですが、拡張機能(エクステンション)の種類が豊富にありますので、必要な機能を簡単に追加することができます。

ちなみに私の場合は、開いているタブを一つにまとめることができる「One Tab」や、ウェブページをEvernoteにクリップできる「Evernote Web Clipper」、ウェブページのスクリーンショットをキャプチャーするのに便利な「FireShot」などの拡張機能を付けています。

 

5.自動更新でセキュリティ性が高い

Google Chrome でインターネットにアクセスすると、最新版へのアップデートが必要な場合はバックグラウンドでダウンロードし、再起動時に自動で更新してくれます。また、拡張機能に関しても同様に自動更新されます。

システムの再起動も必要ないので、ユーザーはセキュリティを意識することなく安心して利用できるところが助かりますね。

 

まとめ

以前は IE や Firefox を使っていたこともありますが、あまりにも使い勝手が良いので、数年前から Google Chrome 一択になってしまいました。

ところが、ごくまれに IE でなければ正常に閲覧できないウェブページがあります。おそらく IE がもっともよく使われているブラウザだからでしょう。そんなときは仕方なく IE を使うのですが、 Google Chrome でもちゃんと見られるようにウェブページの方で対応しておいて欲しいですね。

 
※この記事を読まれた方は、是非下記の記事も合わせて読んでみてください。

 
以上TONELIKOでした。
 

コメント