リツイート5000超えでKloutスコアも49→60へ急上昇していた件

Twitter(ツイッター)

おととい投稿した「チャレンジ2年生のかけ算順序」に関するツイートが、思いの外バズって5200以上のリツイートと1700以上お気に入りされました。

ところで、ソーシャルメディアにおける影響力を数値化したKloutスコアというものがあるのですが、TONELIKOは普段は49前後をほぼ安定的に推移しています。

んで、昨日までは特に数値に変化は見られなかったのですが、今朝確認してみたら一気に60まで急上昇していました。

 

スポンサーリンク

スコアインパクトは最大の5点

klout-measure-glaph

Kloutサイトにログインした状態でアクセスして「Measure」を確認すると、グラフがほぼ垂直に急上昇している様子がうかがえます。

 
klout-impact5

さらに、Twitterのスコアインパクトを確認してみると、通常のツイートが1~2点に対して、該当ツイートは最大の5点がマークされていました。

 

スコア反映までには1日位のタイムラグ

該当ツイートは9月26日の昼ごろに投稿しましたが、わずか3時間で1300以上リツイートされました。
(via:掛け算の順序問題に関するツイートが想像以上にバズってビビった件)

TONELIKOにとっては尋常なことではありませんので、これだけでもスコアに変化があるはずですが、まだこの時点では49と特に変化はなかったですね。

翌(9月27日)朝の時点でもスコアは変わっていませんでした。日中はスコアを確認していなかったので分かりません。ただ、該当ツイートは昨日ほどの勢いは無かったものの、一日中リツイートされていたようです。

で、今朝9月28日に確認したら、一気に「60」と表示されていたので、おそらくバズってからKloutスコアに反映されるまでには1日位のタイムラグがあるのでしょう。

 

あとがき

ソーシャルメディアでこれほどバズったのは初めてだったのですが、オリジナルのツイートだけでなく、自分の意見を添えた引用リツイートの中にも大量にリツイートされているものが多かったですね。

もちろん、それも自分のリツイートとしてカウントされますので、倍々ゲームのようにリツイートが増えていきます。ということは、Kloutスコアの高い影響力のある人が、ひとこと言いたくなるような投稿ほど、リツイートされやすい傾向があるとも言えます。

おそらく2~3日後には元のKloutスコアに戻っているはずですが、今回、自分のツイートが拡散していく様子を体感できたことは貴重な体験でした。

 
以上TONELIKOでした。
 

※この記事を読まれた方は、是非下記の記事も合わせて読んでみてください。

 
個人インフルエンサーの影響力―クラウト、ソーシャルスコアがもたらす革命的マーケティング
4532605253

コメント