iPhone6&iPhone6Plusのサイズが実感できるおもしろ画像集

iPhone(アイフォン)

サイズがさらに大きくなったことで話題のiPhone6とiPhone6Plusですが、スクリーンサイズが4.7インチとか5.5インチとか言われても、いまいちピンときませんよね。

で、早くもツイッター上では多くの方が、サイズが実感できそうな比較画像をアップしていますが、真面目なものだけでなく、中にはクスっと吹き出しそうなおもしろ画像もいくつかありましたよ。

iPhone6Plusは、ほぼ千円札と同じくらいの大きさだそうです。身近なものを例にすると分かりやすいですね。

 

iPhone6Plusはガーナミルクチョコレートとほぼ同サイズとのこと。厚みや固さがある分リアルですね。

 

既にiPhone7の画像が流出?もちろんネタですが、来年の今頃はこの画像が笑えなくなっているかも。

 

馬場さんと猪木さんですね。二人共若いなあ。

 

スポンサーリンク

あとがき

数字だけではピンとこないものも、普段から慣れ親しんだものを例えにすると、サイズが実感できて分かりやすいですね。

それにしてもiPhone6Plusは大きいですね。従来のiPhoneのような「パソコンっぽい携帯電話」というより、もはやこうなると、「小型タブレットに携帯電話の機能が付いている」端末といった印象です。

 
以上TONELIKOでした。
 

コメント