連続撮影2時間は余裕!ソニーハンディカム HDR-CX390の記事まとめ

HDR-CX390 まとめ ビデオカメラ

ビデオはよく撮影していますが、ほとんど映像に映っていないTONELIKOです。

今年、5年ぶりに新しいビデオカメラを購入し、関連レビュー記事を書いてきましたが、ソニーハンディカム HDR-CX390に関しては、一通り言い尽くした感がありますので、ここでいったん記事をまとめておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

HDR-CX390ってどんなビデオカメラ?

 

わずか5年でこれだけ変わった!ハンディカム新旧2機種を比べてみたよ!

5年前のハンディカムとHDR-CX390を、見た目や操作感、スペック等で比較してみました。無駄を省いて本当に必要な機能だけに絞り込み、シンプルで洗練されたビデオカメラに進化していることがよく分かりました。

 

3万円台のビデオカメラで、サッカーの試合をバッテリー交換せずに撮影できた件

HDR-CX390はバッテリーの持ちがよいので、子どものサッカーの試合を撮影する場合でも、まずバッテリー交換は必要ありません。運動会などでも、子どもの出番だけ撮影するのであれば、よほど出番の多いお子さんでない限り交換なしでも大丈夫でしょう。

 

HDR-CX390に必要な関連商品

ハンディカムHDR-CX390と一緒に購入するべきものと必要ないものはコレだ!

付属品にはソニー純正品もありますが、必ずしもこだわる必要はありません。また、購入と同時に用意するべきものと、HDR-CX390を使っている内に必要に応じて購入すればいいものがありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

HDR-CX390が届いたら撮影前にやるべき設定

セッティングは超簡単!HDR-CX390撮影開始までの下準備

HDR-CX390が手元に届いたら、すぐに撮影できるわけではありません。バッテリー充電や初期設定等が必要になります。商品到着前にあらかじめ確認しておきましょう。

 

三脚はしっかりしたものを用意しましょう!

 

ビデオカメラにコンパクトカメラ用三脚を使うのは無謀だった件

三脚をいい加減に選ぶと、私のように泣きを見ます。そもそも、今回HDR-CX390を購入するきっかけは、三脚を倒して5年前に購入したビデオカメラを壊してしまったからでした。

 

買って良かった!人気のクイックシュー付き激安三脚SLIK F740レビュー

大変軽くて使いやすく、それでいて安定感もありしっかりした作りの三脚です。ファミリー向け三脚としては必要十分な作りと言えるでしょう。しかも、2,000~3,000円台と非常にリーズナブル!この価格でビデオカメラを安全に使うことができるなら安い買い物です!

 

撮影した映像を思い出として残しておこう!

 

ビデオカメラHDR-CX390で撮影した映像を外付けHDDにバックアップする方法

HDR-CX390は32GBの内蔵メモリーとメモリーカードに映像や静止画を保存しますが、容量が限られていますので、いずれ外部メディアにバックアップを取る必要があります。方法はいくつかありますが、私の場合、外付けHDDに保存することにしました。

 

あとがき

たまに、子どもの昔の映像を見てみると、成長を実感できて楽しいものですね。ビデオカメラの醍醐味の一つだと思います。

前のビデオカメラは、私のミスでお釈迦にしてしまいましたので、HDR-CX390はもっと大切に扱い、長~くお付き合いしていきたいものです。

 
以上TONELIKOでした。
 

 
▼ 本日のAmazonビデオカメラランキングベスト6

Powered byamaprop.net

コメント