鳥肌立った130分!劇団四季『リトルマーメイド』初観劇の感想

劇団四季『リトルマーメイド』入場口前の看板 劇団四季

アリエルのパパことトリトンのマッチョなボディーに憧れるTONELIKOです。

以前の記事「いよいよ明日から! 劇団四季リトルマーメイド チケット一般発売開始!!」と「1年間で4席以上購入するなら、四季の会に入会した方がお得!!」に記載の通り、2月に『リトルマーメイド』のチケットを購入し、8月下旬に家族5人で観てきました。

今回は、その観劇レポートをお送りします。

 

スポンサーリンク

会場は四季劇場[夏]

劇団四季 夏劇場『リトルマーメイド』

現在、『リトルマーメイド』は、積水ハウスミュージカルシアター四季劇場[夏]で上演中です。場所は大井町駅(JR京浜東北線、東急大井町線、東京臨海高速鉄道りんかい線)徒歩5分と非常にアクセスの良い場所に構えています。

公式サイトでは「専用駐車場はございません」とのことですが、会場の裏に広めのコインパーキングがあります。私達は今回、そちらのコインパーキングに駐車しました。たしか近隣のイトーヨーカドーと提携していたかと思いますので、買い物をすれば駐車料金も割り引かれるかもしれません。

 

女性比率高し!

四季劇場[夏] リトルマーメイド 入口

当日は13:30開演で、13:10頃に現地到着したのですが、既に会場入口はごった返しています。当然といえば当然ですが、女性比率が高かったですね。夏休み中ということもあり、小学生位の女の子が多かったように思います。これだけ人気が高いと当日券の購入はかなり難しそうです。

四季劇場[夏]のクローク

クロークではシートクッションの貸出を行っています。シートクッションは2つの高さが用意されており、座席の高さが合わない小さな子どもでも満足して鑑賞できます。

なお、化粧室(トイレ)は上演途中の休憩時間に大変混み合いますが、特に女性用は長蛇の列ができますので要注意です。小さな女の子の場合、お父さんが男性用トイレの方に連れていってあげた方が良いかもしれません。

 

当日のキャスト

当日のキャスト表 劇団四季『リトルマーメイド』

会場内にはこのように当日のスタッフとキャストが掲示されています。私達が鑑賞した日の主要キャストは以下の通りでした。

  • アリエル   谷原志音
  • エリック   竹内一樹
  • アースラ   原田真理
  • トリトン   村 俊英
  • セバスチャン 飯野おさみ
  • フランダー  玉井晴章

とりわけ存在感を発揮していたのはアースラ役の原田真理さんでした。巨大なタコ姿のアースラに、次女のHANAはかなり本気でビビっていましたね。

 

ミュージカル『リトルマーメイド』の感想

劇団四季『リトルマーメイド』パンフの中身

ストーリーはディズニー版人魚姫『リトルマーメイド』を大筋踏襲しながらも、ややミュージカル仕様にアレンジされていました。

長女RIBONなんかは、観ながら「あれっ?」と思うことが何度かあったみたいですが、「ああこれはディズニー・アニメを元にしているけど、別物なんだ」と頭を切り替えられれば、特に問題ないと思います。

RIBONは、ほぼ毎年のようにミュージカルを観に行っていますが、実は私の場合、コンサートや演劇などの「ライブ」を観に行くのは何年かぶりです。

舞台と観客席が一体になって、その”場”を盛り上げ楽しむというライブ感を久々に味わうことができましたが、そこには、テレビや映画などでは決して感じることができない、独特の高揚感がありました。

何よりもアラン・メンケンの名曲を力強く歌い上げる出演者たちの姿には鳥肌が立ちました。歌の持つパワーがこれほどのものなのかと改めて思い知らされましたね。前後半で正味130分ほどの舞台でしたが、その間、実に心地よい時間を過ごすことができました。

とまあ、ここまでは素晴らしかった点を挙げさせていだだきましたが、ではまた観に行くかと問われると、正直なところ「う~ん・・・」です。

子どもがまた観に行きたいというなら別ですが、大人だけで再鑑賞することはないでしょう。大人の視点から見ると、ストーリーや全体の構成等に、やや辛めの採点が付いてしまうのではないかな、というのが正直な感想です。

一つには、本来悲劇的なお話であった『人魚姫』を、ディズニーアニメにした段階で無理やりハッピーエンドに変更したことによるところが大きいかもしれません。どうしても、ストーリー後半の展開のご都合主義的な面が気になってしまうんですよね。

もっともこの点に関しては、「そんなことディズニーアニメ版を観たことがあるなら、はじめから分かってたことだろ」って言われれば、言い返す言葉も無いんですけどね。気になる、気にならないは人それぞれですので、気にならない人は素直に楽しめると思いますよ。

おそらく、子ども連れの家族で「お気に入りのディズニーアニメのミュージカル版を楽しむ」という姿勢であれば、気持よく存分に楽しめるのではないでしょうか。

 

グッズ販売

売店 劇団四季『リトルマーメイド』

入場して左手奥に劇団四季『リトルマーメイド』のオリジナル商品を取り揃えた売店があります。CD『ディズニー リトルマーメイド ミュージカル <劇団四季>』やTシャツ、タオル、アクセサリー、筆記用具などが販売されています。

シャープペンシル 劇団四季『リトルマーメイド』

劇中でアリエルが使っていたような、フォークの形をした櫛といったオモシログッズもあったりして、ちょっと惹かれたのですが、結局無難なところでシャーペンを購入しました。

パンフレットの売店

なお、パンフレットは会場入口を入って正面のキャストボード近くで販売されています。

劇団四季『リトルマーメイド』のパンフレット

一般料金は2,000円(税込)で会員料金は1,800円(税込)です。四季の会会員の方は当日会員証を忘れないよう持参しましょう。

うちわ 劇団四季『リトルマーメイド』

こちらは無料配布のうちわ。

 
追記:
劇団四季および『リトルマーメイド』関連記事はこちらです

 
以上TONELIKOでした。
 

ディズニー リトルマーメイド ミュージカル <劇団四季>
B00DJ17JJM

もっと楽しむ『リトルマーメイド』もっと知りたい劇団四季 (LADY BIRD 小学館実用シリーズ)
4091022979



コメント