*

世界30カ国で初登場第1位!『クルードさんちのはじめての冒険』の感想

『クルードさんちのはじめての冒険』バス
photo credit: torbakhopper via photopin cc

こんにちは、コストコのお菓子を食べながら、家族で映画鑑賞するのが大好きなTONELIKOです。

先日、面白い映画を観ました。原題『CROODS』、日本での題名は『クルードさんちのはじめての冒険』です。内容もよく知らずに、たまたま妻が借りたDVDだったのですが、子どもには大好評で、大人にとっても十分に楽しめましたよ。

ググってみると、世界30カ国で初登場第1位! 全米10週連続TOP10入りのメガヒット! ・・・だったそうなのですが、まったくの初耳です。おそらく、日本の映画館では大っぴらに公開されなかったのではないでしょうか。

制作は、『マダガスカル』や『シュレック』を生み出したドリームワークスです。例によって3DCGアニメですが、同じく3DCGアニメのヒットメーカーであるディズニー・ピクサーとは一味違った独特の作風は、やや視聴者を選ぶところがあるかもしれません。


スポンサーリンク

 

ヒロインは洞穴の原始人

塔の上のラプンツェル Wポケットクリアファイル A4サイズ IG-528

こちら、おなじみディズニーの3DCGヒロイン「ラプンツェル」。塔の上に閉じ込められていましたが、もちろん原始人じゃありません。

HERE COME THE CROODS (The Croods Movie)

んで、こっちが今回の映画『クルードさんちのはじめての冒険』のヒロイン「イープ」。洞窟で暮らす原始人です。見た目からして強烈です。

いや、別に悪意はありませんよ。ただですね、日本の映画館では大々的に公開されなかったわけが、なんとなく分かるような気はします。

ところが、我が家の長女RIBONは大のディズニープリンセス好きで、もちろんラプンツェルの大ファンなわけですが、この『クルードさんちのはじめての冒険』を観せたら、めちゃくちゃ楽しんでいたんですよね。

もちろん、ディズニープリンセスに対するような憧れとかではなかったはずですが(憧れられても親としては困りますが)、子どもは順応性があるんでしょうね。独特の世界を、それはそれとして存分に面白がっていましたよ。

おそらく、同じドリームワークスの『シュレック』が楽しめるのであれば、まったく問題ないはずです。話のテンポが速くて飽きさせず、ところどころに分かりやすいギャグが散りばめられているので、3歳位の幼児からでも十分に楽しめるエンターテイメントに仕上がっています。

 

あらすじ(ネタバレなし)

遠い昔、洞窟で暮らす原始人クルード一家は、父グラグの「外の世界に出てはいけない」という家訓を守って暮らしていました。ところが、激しい大陸移動の影響で天変地異が起こり洞窟は破壊され、今までのルールが通用しなくなったのです。

否応なく新たな外の世界へ飛び出すのですが、そんな中、火を操り、頭を使ってサバイバルするガイと出会います。喧嘩しながらも協力しつつ、冒険の旅を続けるガイとクルード一家の様子を、ユーモラスに描いています。

 

成功体験の罠(ややネタバレあり)

The Art of the Croods

とまあ、ここまでは子どもが無邪気に楽しめる映画ですよ!というお話なんですが、大人が観ると、実は、このクルード一家が直面している危機は、人事じゃないとも思えるんですよね。

とりわけ観ていてつらくなるのが、父グラグです。

物語の冒頭、まだ環境変化が起こる前は、父グラグの家族からの信頼は絶大でした。娘イープからの反発はあったものの、グラグが「外の世界に出てはいけない」という家訓を厳格に守らせていたからこそ、家族全員が今まで生き残ってこられたわけです。

ところが、洞窟が壊れ、新しい環境に飛び込まざるを得なくなると、グラグは途端に役立たずになってしまい、家族からの信頼を失ってしまいます。

過去のルールや、今までのような腕力に頼った行動は、新しい世界では通用しません。代わりに、知恵に優れたガイの方が環境に適応しているため、クルード一家からの信頼を獲得していきます。

グラグは、そんなガイに嫉妬し、ことごとく足を引っ張る行動を取るようになります。これは、まさに現代で言う「老害」そのものですね。

なぜ、尊敬され信頼される父であったはずのグラグが、老害に転落してしまったのか・・・。彼自身は何も変わっていません。すべては環境が一変してしまい、それまでのルールが通用しなくなったからです。

先程も言いましたが、これって、現代の大人にとっても、まったく人事じゃないんですよね。いえ、むしろ現代の方が変化のスピードが速い分、より深刻かもしれません。原始時代なら何百年かは通用したかもしれないルールも、変化のスピードが激しい現代では、わずか数年で通用しなくなってしまいます。

過去の成功体験や古い価値観に囚われていると、グラグのように、あっという間にガイのような若手に活躍の場を奪われてしまうでしょう。

また、親は子どもと接する際にも注意が必要です。

特に子どもの率直な主張を、親の固定観念で簡単に切って捨ててしまうのは危険です。たいていの場合、大人よりも子どものほうが時代の空気を感じ取るレーダーが敏感ですので、実は子どもの直感の方が正しかったなんてことも十分にありえるでしょう。 (via:言うこと聞くのは15まで)

もちろん、子どもの言うことを真に受けるのも危険ですが、親としては、常に自分の考えを疑ってみる姿勢を持つべきですね。

 

あとがき

このように、大人は自分の身になって考えてみてもいいですし、子どものように、ただ無邪気に楽しむのもよいでしょう。立場や年齢によって、多様な楽しみ方ができます。

以前、「子どもと一緒に大人も楽しめた家族向け映画11選[洋画アニメ編]」という記事をアップしましたが、『クルードさんちのはじめての冒険』も、幼児から大人まで、家族みんなで楽しめる映画ですね。

 
以上TONELIKOでした。
 

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中


スポンサーリンク


シェアしてもらえると嬉しいです!

ブログの更新情報はこちらで確認できますよ!  

 

 
follow us in feedly  
 

関連記事

ちはやふる

これはハマった!Huluで「ちはやふる」見始めたら面白すぎて止まらない!

最近、久々にHuluを再開してみたらTVアニメ「ちはやふる」が...

記事を読む

アクビちゃん ゆめであそびましょ!

仕込み済み?3ヶ月以内にハクション大魔王&アクビちゃんブーム到来?

くしゃみが大きくてうるさいと、家族から不評を買っているTONE...

記事を読む

日本の親子

子どもと一緒に大人も楽しめた家族向け映画5選[邦画アニメ編]

「子どもと一緒に大人も楽しめた映画」シリーズもいよいよ最終回! ...

記事を読む

親子 海外

子どもと一緒に大人も楽しめた家族向け映画11選[洋画アニメ編]

「子どもと一緒に大人も楽しめた映画」シリーズの第2弾! 今回は洋...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

人口30%減!厚木市でアパマン経営や土地の売却を検討するなら地域ごとの人口予測は必見!

ここのところ「相続予定の土地をどうしたらいいかな?」って相談を...

厚木の公園9選!遊具、滑り台、アスレチック、動物、桜(花見)、プール(水遊び)など、目的ごとに最適な公園がすぐ分かります。

厚木市は大きな公園が多く、遊具やアスレチックなどの施設が充実し...

厚木高校ってどんなとこ?いきものがかり以外の有名人は?偏差値や部活(吹奏楽部、軽音、ソフトテニス、チア)の種類、進学実績は?

最近「放牧宣言」をした”いきものがかり”の母校でもあり、神奈川...

厚木市で合鍵作成できる店9選!(イオン、ミロード、コーナン、ビーバートザンなど)

同居家族がいるなら作っておきたいのが合鍵(スペアキー)。 一...

厚木市で車の買取査定!おすすめの買取店15選

「愛車をできるだけ高く売りたい!」 「でも、実際にどれぐ...

→もっと見る


  • 神奈川県在住の三児の父トネリコ(TONELIKO)です。
    Webマーケティング、子育て、iPhone、Mac、ディズニー、コストコ、サッカー、厚木等に関する体験から得たノウハウをご紹介します。
    黒糖きなこと黒ゴマとココナッツが大好物。家ではiPad、外ではiPhoneが手放せません。
    詳しいプロフィールはこちら
    E-Mail:iアットtoneliko.com(アット⇒@に変更)



  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑