*

不審者対策は万全に!子供を守るために最低限抑えておきたい5つの防犯

しゃがんだ女の子

つい先日、小学1年生の長女RIBONが通学路で痴漢に会いました。

小学校に上がって、保護者から離れて外歩きする機会も増えますので警戒はしていたのですが、心のどこかで「うちの子に限って」という油断があったのかもしれません。

学校の帰り道、歩道橋を降りるところで、後ろから来た20~30代位の男に追い越しざま、おしりを触られたそうです。

不幸中の幸いか、それ以上のことはされなかったようですが、小さな子どもを一人で外歩きさせることは、改めて怖いと感じました。親の見ていない所では、何をされても守りようがありません。

入学して1ヶ月位は、多くの親が行き帰りの通学路を同行して子供たちを見守っていました。そろそろ子供たちだけでも大丈夫だろうと見守りが手薄になったところで、見計らったかのようにこの事件です。

子どもも学校に慣れ、親もちょっと安心してきたこの時期が、実は一番危ないのかもしれませんね。今この時期こそ、親子で防犯意識を高めなければいけないと強く感じました。


スポンサーリンク

 

一人にさせない

子どもが公園で一人

子どもを狙った犯罪が起こりやすいのは、下校から夕食までの時間帯だそうです。親の目が行き届かなかったり、子どもが一人で行動することも多いからでしょう。

基本的には子どもを一人にさせない。通学路はお友達と複数人で行動する。できれば保護者や先生が常に目を光らせているほうが、不審者には狙われにくいでしょう。

 

女の子は短いスカートは避ける

ミニスカート 女の子
photo credit: Symic via photopin cc

長女はフリフリのスカートが大好きです。当日も可愛い系の服装をしていたので、それも狙われた原因かもしれません。これからさらに暑くなって、ますます薄着になりますので、短すぎるスカートを避ける等、できるだけターゲットにされにくい服装にした方がいいかもしれません。

 

防犯ブザーの使い方と点検

プリンセス防犯ブザー チャーム 【誤作動防止スイッチつき】 レッド GE037R

今回、長女は防犯ブザーを使いませんでした。おそらく自分が何をされたのか理解できず、防犯ブザーのことも思い浮かばなかったのでしょう。使い方を知っているからといって、実際に使えるというわけではないのです。

今回の事件は、もちろん望んだものではないものの、具体的にどのような時に防犯ブザーを使えばよいのかを教えるのは大いに役立ちました。

なお、防犯ブザーの正しい使い方は、ただ鳴らすだけでなく、鳴らした状態で遠くに投げるのが正解だそうです。犯人はブザーを止めようと、ブザーをひったくったり踏み潰そうとしたりしますが、遠くに投げてしまえばブザーの所へ行くスキに逃げられるからです。

また、防犯ブザーはいざという時にちゃんと使い物になるよう、普段から故障点検や電池きれのチェックをしておいた方がいいでしょう。

防犯ブザーに関してはWooRisの記事「鳴らすだけじゃダメ!防犯ブザーの本当に正しい使い方」が詳しいです。

 

家庭でシミュレーションしておく

親子で読もう!子どもの安全ブック

今回の長女のように、頭では分かっていても実際にはなかなか理想通りに体が動かないものです。避難訓練と同じで、普段から家庭で実際に襲われた場合のシミュレーションをしておいた方がよいと思います。

もしくは、子どもの防犯に関する本もありますので、このような本を子どもに読み聞かせしながら、「こういう時はどうしたらいいかな?」と、様々なケースをイメージして親子で話し合うのもよいでしょう。

 

親や先生にすぐ知らせる

学校のブログ:不審者情報の連絡

今回の事件は、実は犯行翌日に担任の先生から電話でご連絡をいただき、初めて知りました。それも、現場を目撃していた上級生からの報告があったからです。本人は、報告するほどのこととは思っていなかったのかもしれません。

学校には、すぐに警察に連絡を取り、パトロールを強化し、プリント配布やブログ等で保護者に対しても周知徹底を図るなど、素早い対応をしていただきました。

このように素早い対応により、その後の他の子への被害や犯行のエスカレートを防ぐことができますので、RIBONには自分が被害にあったときはもちろん、他の子の場合にもすぐに親や先生に知らせるように言い聞かせました。

 

あとがき

子どもは自分が痴漢の被害にあっても、それがどんなことなのか理解できていないケースも多いと思います。

残念なことですが、子どもを守るためには、世の中には、子どもの無知や弱さにつけこんで、嫌なことをしようとする人もいることをしっかり教えなければいけないと痛感しました。

 
以上TONELIKOでした。
 


スポンサーリンク


シェアしてもらえると嬉しいです!

ブログの更新情報はこちらで確認できますよ!  

 

 
follow us in feedly  
 

関連記事

義務教育の学校に必要?要らないと思うもの8つを挙げてみた

もう私が学校を卒業してからウン十年経ちますが、子供たちの通う学...

記事を読む

入学式の母親用スーツと着物のレンタルサービス5つを徹底比較

小学校の入学式と言えば、服装が悩みどころですね。卒園式と同じ服...

記事を読む

折りたたみ可の携帯お受験スリッパは卒園、卒業、入学式にあると便利!

子どもが小学校に上がると、入学式や卒園式、卒業式、授業参観やそ...

記事を読む

キャサリンコテージのランドセル3年目の感想を娘に聞いてみた

次女が来年小学生になるので、そろそろランドセルを選ぶ時期がやっ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

人口30%減!厚木市でアパマン経営や土地の売却を検討するなら地域ごとの人口予測は必見!

ここのところ「相続予定の土地をどうしたらいいかな?」って相談を...

厚木の公園9選!遊具、滑り台、アスレチック、動物、桜(花見)、プール(水遊び)など、目的ごとに最適な公園がすぐ分かります。

厚木市は大きな公園が多く、遊具やアスレチックなどの施設が充実し...

厚木高校ってどんなとこ?いきものがかり以外の有名人は?偏差値や部活(吹奏楽部、軽音、ソフトテニス、チア)の種類、進学実績は?

最近「放牧宣言」をした”いきものがかり”の母校でもあり、神奈川...

厚木市で合鍵作成できる店9選!(イオン、ミロード、コーナン、ビーバートザンなど)

同居家族がいるなら作っておきたいのが合鍵(スペアキー)。 一...

厚木市で車の買取査定!おすすめの買取店15選

「愛車をできるだけ高く売りたい!」 「でも、実際にどれぐ...

→もっと見る


  • 神奈川県在住の三児の父トネリコ(TONELIKO)です。
    Webマーケティング、子育て、iPhone、Mac、ディズニー、コストコ、サッカー、厚木等に関する体験から得たノウハウをご紹介します。
    黒糖きなこと黒ゴマとココナッツが大好物。家ではiPad、外ではiPhoneが手放せません。
    詳しいプロフィールはこちら
    E-Mail:iアットtoneliko.com(アット⇒@に変更)



  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑