*

タイムリミットは15歳!親が子どもを教育できる期間は意外と短い

中学生

今、長男のMAGは13歳。だいぶ世の中のことが分かるようになってきて、親の言うことも簡単には素直に聞かなくなってきました。

もっとも自分自身を思い返してみても、中学生くらいになると親に反発するようになるし、中学卒業した後はほとんど親の言うことなんかまともに取り合いませんでした。それでも彼はおかげさまで素直に育ってくれたようで、さほど親に反発するようなこともありませんが、学校の先生に対してはかなり反抗的な態度を取ることもあるらしい。

そのせいか、一部科目はテストで毎回高得点を取っているにもかかわらず、通知表は5段階評価で4だったりします。で、きまって減点されているのは授業態度なんですね。態度評価というものはいまいち釈然としないのですが、まあ、先生も人間だから好き嫌いが評価に入ってくるのも仕方ないのかもしません。

もっとも、親に対してはまだ聞く耳を持ってくれているようです。ただ、おそらくそれもせいぜいあと2年位でしょう。

親のできることなんて限られていて、生活態度やものの考え方、価値観など、子供の内面に親が影響を与えることができるのは15歳まで!その年齢以降にできることは、経済的な支援くらいではないでしょうか。

でも、私はそれでいいと思うし、そうでなければいけないとも思います。理由は2つあります。

スポンサーリンク

 

時代が変われば価値観も変わる

1つは、親と子供ではその年齢差だけ生きる時代にズレがあるからです。たしかに今、私と彼は同じ時代を生きています。しかし、私は1982年に13歳を、現在は44歳を生きているのに対し、彼は今13歳を、2044年に44歳を生きることになるのです。

生きている時代が同じでも、人生のステージが年齢差の分だけ異なるのだから、生き方や考え方に違いが生じるのは当然のことでしょう。これから44歳以降を生きようという者が、13歳以降を生きようとする者に自分の考えを押し付けることは無理があるし、私は彼の人生の当事者でない以上、彼のこれからの人生に責任を持てる自信もありません。

 

子どもの方が時代に敏感

2つ目は、親より子どものほうが時代の風を読むセンサーが鋭いからです。一般的には、経験を積むことは判断力や洞察力を高めることにつながりますが、その反面、物の見方を硬直化させたり、成功体験に囚われて新しい考え方を受け入れにくくなります。

ちょうど使い込んだパソコンのようなものです。使用しているうちに必要なソフトを入れたり、よく使うソフトのショートカットをデスクトップに置いたりすることで、どんどん使いやすくなっていく反面、動きが以前よりも遅く、いわゆる「重い」と感じるようになってしまう。

パソコンなら完全消去してOSを再インストールすれば、またサクサク動くようになりますが、人間の頭だとそういうわけにもいきません。また、新しい考え方を理屈では同意できても、それが自己否定につながる場合には、感情的に受け入れられなくなってしまうでしょう。

最近では、体罰容認論などがそれにあたります。体罰を通して育ってきた者や、体罰を使って子供を指導してきて、ある程度の成果を上げてきたような人間にとっては、体罰否定は即自己否定につながってしまいます。それが、到底感情的に受け入れられるものではないことは容易に推察できます。

その点、子供にはまだたいした成功体験もないし、新しい考えを拒絶するほどの感情的な障壁もできていません。だからこそ、時代の風を素直に受け止め、今とこれからをどう生きていくべきかを直感的に察知することができるわけです。

もちろん、その直感が必ずしも妥当とは限りませんが、過去の経験に囚われてしまう大人に比べると、むしろアドバンテージとして働くケースの方が多いのではないでしょうか。

 

あとがき

というわけで、負うた子に教えられる日も、そう遠くはないだろうと思うTONELIKOでした。

なお、15という数字には明確な根拠はありません。昔の日本人の元服は15歳でしたし、現代でも義務教育を終えるのは15歳。サッカーの世界でも、早くから頭角をあらわすプレーヤーはだいたい15歳頃からプロデビューするものです。

あくまでも直観的なものですが、だいたい15歳が子育ての一つの区切りと言えるのではないでしょうか。

 
以上TONELIKOでした。
 

※この記事を読まれた方は、是非下記の記事も合わせて読んでみてください。

 

 

 


スポンサーリンク


シェアしてもらえると嬉しいです!

ブログの更新情報はこちらで確認できますよ!  

 

 
follow us in feedly  
 

関連記事

梅雨の休日を子供と一緒に楽しむ9通りの遊び方

休日に子供を連れて遊びに行く場所の定番といえば公園ですが、梅雨...

記事を読む

あなたのため

つい口にしてませんか?「あなたのため」が子供にNGな5つの理由

photo credit: Wonderlane via phot...

記事を読む

筋トレ 努力

ちょっと待った!努力量を上げても「方向性」を間違えると逆効果だよ!

photo credit: istolethetv via pho...

記事を読む

娘 ドレス

このままだったらどうしよう?父として娘にやめて欲しい7つのこと

こんにちは、子どもに「お父さん」と呼ばれても普通なので、「殿」...

記事を読む

RIBON

ADHD気味で孤立しがちな7歳の長女の将来が楽しみでワクワクする件

「プリッツ梨汁ブシャー味」をくわえながら、この記事を書いて...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

人口30%減!厚木市でアパマン経営や土地の売却を検討するなら地域ごとの人口予測は必見!

ここのところ「相続予定の土地をどうしたらいいかな?」って相談を...

厚木の公園9選!遊具、滑り台、アスレチック、動物、桜(花見)、プール(水遊び)など、目的ごとに最適な公園がすぐ分かります。

厚木市は大きな公園が多く、遊具やアスレチックなどの施設が充実し...

厚木高校ってどんなとこ?いきものがかり以外の有名人は?偏差値や部活(吹奏楽部、軽音、ソフトテニス、チア)の種類、進学実績は?

最近「放牧宣言」をした”いきものがかり”の母校でもあり、神奈川...

厚木市で合鍵作成できる店9選!(イオン、ミロード、コーナン、ビーバートザンなど)

同居家族がいるなら作っておきたいのが合鍵(スペアキー)。 一...

厚木市で車の買取査定!おすすめの買取店15選

「愛車をできるだけ高く売りたい!」 「でも、実際にどれぐ...

→もっと見る


  • 神奈川県在住の三児の父トネリコ(TONELIKO)です。
    Webマーケティング、子育て、iPhone、Mac、ディズニー、コストコ、サッカー、厚木等に関する体験から得たノウハウをご紹介します。
    黒糖きなこと黒ゴマとココナッツが大好物。家ではiPad、外ではiPhoneが手放せません。
    詳しいプロフィールはこちら
    E-Mail:iアットtoneliko.com(アット⇒@に変更)



  • follow us in feedly

PAGE TOP ↑